スポンサーリンク

お宝発見!?日記2017 福島県

(福島県)万SAI堂郡山駅前店

投稿日:

万SAI堂郡山駅前店

スポンサーリンク

まんさいどうこおりやまえきまえてん

万SAI堂郡山駅前店201711-001otakarashopnavi-jp-300-100
picota-jp-300-100
<基本データー>
 店名:万SAI堂郡山駅前店
 住所:福島県郡山市駅前1-8-20
 TEL :0120-58-0306 024-927-0306
 営業時間:11:00~20:00 *水曜定休日
 *買取受付時間~19:00
 Pスペース:なし
万SAI堂郡山駅前店 詳細マップ

注意!

万SAI堂郡山駅前店は、2017年04月20日(木)11:00~に新規オープンしました。
(2017.04/20 更新)。
omemo
万SAI堂郡山駅前店さま、ご協力有り難うございました!。
(2018.03/22 更新)。

スポンサーリンク

万SAI堂郡山駅前店 レビュー

 万SAI堂郡山駅前店・・・。万SAI堂グループの小型お宝ショップです。もっと細かく表現するならば・・・?万SAI堂郡山店のサテライト店といった位置付けとなります。

 

 2017年04月20日に福島県郡山市の2店目の万SAI堂として、新規オープン。大中規模のお宝ショップ展開が主の万SAI堂グループにおきましても、初の小型店とも言えます。こちらが「駅前店」とされておりますので、国道4号線バイパス沿いの万SAI堂郡山店は、万SAI堂郡山バイパス店とされている場合もあったり。当ブログでは、こちらを万SAI堂郡山駅前店、国道沿いの既存店を万SAI堂郡山店と統一呼称させて頂きます。

 

 場所は電車ですと、東北新幹線・東北本線 郡山駅より徒歩3分程、車ですと東北自動車道 郡山ICより20分程です。住所的にも、ズバリ駅前!。車での来訪ですと、近隣パーキングを利用する形となります

 

 他のお宝ショップグループでも近年増えてきました小型店は、ブランド系メインの買取専門店という形態がほとんど。てっきりそんな感じ・・・かと思いきや?通常のお宝ショップカテゴリーの販売も行っているとの情報が!

 

 そうなってきますと、お宝ショップ的にはレアパターンのお店。

 

 やはりこの目でしっかり見て置かなくては!・・・という事で?本丸の万SAI堂郡山店のチェックをした上で、慎重に現地へと向かいました。

スポンサーリンク

万SAI堂郡山駅前店 外観詳細

 すっかり夜のとばりが落ちた、JR郡山駅前周辺。当日は残念ながらの雨模様に。ほんとうに駅至近の為、パーキングは各地に豊富に存在。私 omemoは、当日借りておりましたレンタカーを近所で乗り捨て返却した為、徒歩でラクラクお店へ向かう事に。

万SAI堂郡山駅前店201711-002

 もう少し分かり辛い感じかな・・・?。こんな予想を勝手にしておりましたが、そんな心配を完全払拭!。セブンイレブン並びで、煌々と輝く万SAI堂郡山駅前店を発見!?。周辺からしますと、ライトアップ感がしっかりしていたので、スグに分かりました。

万SAI堂郡山駅前店201711-003

 雨が、だんだん強めに・・・(汗)。万SAI堂郡山店にてスタッフさまにこちらもアポ済みでしたので、足早に外観チェックへ。

 

 お店上部以外の買います看板等の設置はナシ。出入口両脇の自立看板が2つ存在。こちらは買取強化アイテムが、ハイブランド系を筆頭に各種掲示。デザイン的には万SAI堂郡山店でも感じた、至極落ち着いたもの

万SAI堂郡山駅前店201711-004

 お店上部は、こんな感じに。正面には楕円の万SAI堂ロゴ。これに郡山駅前店の表記がIN。両横にはシンプルに、買取・換金のやや小さめの円形ロゴを配置。配色のバランスもあってか、親しみやすくて落ち着いた印象を受けます。

万SAI堂郡山駅前店201711-005

 正面左手ガラス部は、自立看板から続く、高価買取品のチラシがビッシリ。お宝ショップ的フレーズであります、「買います」ではなく、「お売りください!」という表現に。こんな表現ひとつで、入店前より・・・どんどん印象が柔らかくなっていきます。

万SAI堂郡山駅前店201711-006

 右手側のガラス部の様相が、コレ!。白字で透過タイプの万SAI堂ロゴを中心に、こちらに向くワンサと待ち構えるホビー系をメインとする、沢山のお宝アイテム!。そのディスプレイの具合は、秀逸の一言。よくよく見ますと、満遍なくジャンル展開している事が分かります

 

 外から見ましても、伝わってきます得も言えぬワクワク感。こちら側は、買取チラシでなく、見せるディスプレイという点。チラ見せ・・・というワケではありませんが、やっぱりちょっとでも店内が想像出来る点。これは素晴らしい部分なのかと。

万SAI堂郡山駅前店201711-007

 出入口部外側にも、やや奥ゆかしくロゴマットが。シンプルなロゴマークのみのデザイン。雨でしたので、残念な画像となってしまいました・・・。ロゴマットのデザインを楽しむ事も、お宝ショップを廻る上での楽しみのひとつ。

万SAI堂郡山駅前店201711-008

 ガラス張りの正面部。真正面から撮りますと私 omemoの写り込みが気になる為、少しだけナナメアングルより。再度上部看板を見上げつつ、気になる店内へと進んでみる事に・・・。

スポンサーリンク

万SAI堂郡山駅前店 店内詳細

万SAI堂郡山駅前店201711-009

 店内では、先程万SAI堂郡山店でご挨拶をさせて頂いたスタッフさまが勢揃い!(汗)

 再度ご了承を頂きつつ、思ったよりボリューミーな店内、チェックへGO!?。

万SAI堂郡山駅前店201711-010

 万SAI堂郡山駅前店は、グループ店でもあります万SAI堂郡山店と同等のムード。良質なお宝アイテムが各所散りばめられた店内は、キャパをモノともしない見応えある造りとなっていました

万SAI堂郡山駅前店201711-011

 正面最奥部がメインレジ兼買取カウンター。シックで落ち着いた造りに。個別テーブルブースも距離が置かれ、書類記入や持ち込み時のプライバシーも保たれています。

万SAI堂郡山駅前店201711-012

 正面には万SAI堂ロゴ万SAI堂郡山駅前店仕様とも?。白地に浮かび上がるかの様なウッドロゴは、陰影もついて・・・すっごくオシャレに見えます。季節を彩るちょっとした装飾も追加され、高級感もグンとアップ!。

万SAI堂郡山駅前店201711-013

 ちょうどこの時にはポイントカードならぬ?スクラッチカードもあるとの事で、画像を撮らせて頂く事に。最大1万円の割引券が、もしかしたら出現するかもしれない・・・。ついつい削りたくなるのが、人間のサガ(苦笑)。

万SAI堂郡山駅前店201711-014

 なんと!このスクラッチカードは、1種類だけではありません。オドロキのブラックVer.まで存在。

その名も「MANSAIDO SCRATCH PREMIUM」

 ある一定の高額取引時に出現するという、このカード。一度はお目にかかりたいところ(汗)。

万SAI堂郡山駅前店201711-015

 さてさて、店内はどうかと言いますと・・・?。このクラスのお店にありがちな?ハイブランド偏向型のラインナップ・・・ではなく、お宝ショップ的カテゴリーをそれなりに押さえた、ちょっとオドロキの様相

万SAI堂郡山駅前店201711-016

 ともすると、普通のお宝ショップでは埋もれがちな、小気味イイお宝オブジェ。こちら万SAI堂郡山駅前店では、スポットライトをしっかり浴びて、その魅力を再認識出来ます。

万SAI堂郡山駅前店201711-017

 絵皿等の一般陶器や食器も目に付く位置にディスプレイ。感じるのは清潔感、そして清涼感。店内のムードが、それぞれのアイテムのグレードを押し上げている様にも。美しい絵皿を、しばし堪能。

万SAI堂郡山駅前店201711-018

 オドロキの点は、まだまだ。このムードの中に出現するのが、まさかの?駄菓子コーナー。通常のお宝ショップにあります様な、ゴリゴリのレトロ仕様は非採用。溶け込む様に存在。お宝ショップ的にはフェイバリットなカテゴリーですが、この規模のお店で出くわす事って、なんか不思議な気分・・・

万SAI堂郡山駅前店201711-026

 ここで見かけたのが、この奥ゆかしい値下げタグ。ひっそり存在していた為、見つけた時には、ちょっぴりお得な気分とも?。駄菓子は、こんな小さなお得感がありますと、尚更美味しく感じると言うもので・・・・?。

万SAI堂郡山駅前店201711-019

 ホビー系アイテムも、その存在感をいかんなく発揮。クローズ型ショーケースではなく、クリア棚に直接ディスプレイ。この陽気な賑やかさ。これがホビー系、特にフィギュア関連なのが、イイところ。上部配置のファンシーなぬいぐるみとレトロ玩具のコントラストも、狙ってますね?コレ(苦笑)。

万SAI堂郡山駅前店201711-020

 先程外観チェック時に眺めたショーケースの店内側は、こんな感じに。ホビー系メインに外側にも負けじと?華やかにディスプレイ。ゲームハード、金券、そして年賀ハガキまでも!。

万SAI堂郡山駅前店201711-021

 角度を変えて、外側方面に向かってのアングル。お宝ショップ的装飾は、ほとんど見られず。しかし、お店のキャパ的にも、見通しの良さを考えますと、これがベストなのかと。万SAI堂郡山店もそうでしたが、ギラつき感はなく、ほのかに温かみを感じる心地イイ什器周りと言えるかと思います。

万SAI堂郡山駅前店201711-022

 しかし、要所要所にニヤリとさせられます絶妙な配置、これはアリ。ちょっとした角度の付け具合でも、店内の面白さが・・・また変わってきますね。

万SAI堂郡山駅前店201711-023

 古着アパレル関連は、キャパ的な部分もあるのか?こちらでは展開はされておらず。しかしマフラー・スカーフ・ストール・ハンカチ等のファッション小物は、しっかり存在。入れられていたカゴも、センスが感じられたり・・・。

万SAI堂郡山駅前店201711-024

 頭上にはレトロ感溢れる複葉プロペラ機模型が。同じペースで淡々とチェックしてしまいがちな店内での、アクセントとして機能とも。

万SAI堂郡山駅前店201711-025

 ハイブランド関連コーナーは、左手側一帯に。バッグ・小物・アクセ・ウォッチ等コンパクトながらも、一通り楽しめる形。棚上にも、ちょっと面白いモノがあったりして・・・。

万SAI堂郡山駅前店201711-027

 ここ、万SAI堂郡山店。持ち込みでの買取査定だけではなく、出張買取査定も行っている模様。量が多くて、持ち込みが大変!。そんな皆さまにも安心この上なし!?。どんどん利用したいところですね。

万SAI堂郡山駅前店201711-028

 ちょっと・・・いや?かなり駆け足的なチェックとなりましたが、気になる部分は全て確認!。やっぱり現地でこの目で見るのが一番です(苦笑)

スポンサーリンク

万SAI堂郡山駅前店 総括

万SAI堂郡山駅前店201711-029

 万SAI堂郡山駅前店小粒ながらも、はちきれんばかりのカテゴリー展開。そして幕の内弁当的な?色とりどり、眺めて!手にとって!どちらでも楽しい、コンパクトお宝ショップと言えました

 

 あとはここに更なる万SAI堂郡山店との自然な導線・連携強化が加われば、もっと面白くなりそう・・・。何より万SAI堂郡山店と共に、可能性をギュと秘めた小型お宝ショップ。そんな事なども思いつつ、楽しくチェックを完了致しました!。

(チェック期:2017年11月)。

【警告】

当ブログ(万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ https://mandaisoukokanteidan.net/)内にて掲載されている 全てのコンテンツ(文章、画像、その他の掲載している電子情報の全て)のキュレーションサイトやバイラルメディア、まとめサイト、アプリ、その他サイトやブログ、刊行物(雑誌やフリーペーパー)等、当運営メディア(ブログ記事・撮影画像)の無断転載は、固くお断り致します。 使用されたい場合は、必ずご一報頂き、当方の許諾を行った後にてお願い申し上げます。 当方の無許可、及び感知していない掲載を行われました場合は、不本意ながら法人・個人を問わずに掲載使用料を請求させて頂く形にさせて頂きます。 当ブログの全てのコンテンツは、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

PR



-お宝発見!?日記2017, 福島県
-, ,

Copyright© 万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ , 2018 All Rights Reserved.