【重要なお知らせ】

いつもご覧頂き、誠に有り難うございます。管理人のomemoと申します。


2017年12月17日にブログを丸ごとこちらに移転致しました。


ブログ名は以前と全く同じの、
万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログです。

ブログURLは以前のURLから変更になっております。

変更箇所は、旧ブログURLから「seesaa」を除きました、https://mandaisoukokanteidan.netとなります。

リンクを頂いているサイトさま、及びお気に入り(ブックマーク)を頂いている皆さまに置かれましては、恐れ入りますが新URLへ変更をお願い致します。

また旧ブログの記事は、こちらに全て移転しましたので、旧ブログは「移転のお知らせのみ掲載」となりますので、ご注意下さい。


今後も当ブログを、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


2017年12月17日

「万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ」 管理人 omemo

お宝発見!?日記2017 宮城県

(宮城県)万代仙台南店6

更新日:

万代仙台南店6

まんだいせんだいみなみてん

万代仙台南店201711-001otakarashopnavi-jp-300-100
picota-jp-300-100

omemo
万代仙台南店さま、ご協力有り難うございました!。
(2018.01/21 更新)。

スポンサーリンク

レビュー

 万代仙台南店・・・。宮城県、北海道に展開している㈱万代グループの押しも押されぬ本店!。そして長きに渡って仙台地区のお宝ショップシーンを盛り上げてきました㈱万代グループの老舗お宝ショップです。

 

 

 いつもの行程上?・・・と言いますか、何とやら?。今回も明るいウチに!お店に到着!!を考えておりましたが、あっさり日が暮れていました(汗)。煌びやかな外観も、また一興。協力者さまの車で、現地へ。お疲れのところ、申し訳ございませんでした・・・。

 

 予想通りの色気たっぷり!。煌々と光り輝くお店の外観は、健在!。早速周囲を見てまわることに。

 

外観詳細

 

万代仙台南店201711-002

 ロードサイドにソソり建つ!漆黒地の巨大何でも買います看板、これもしっかり存在。レトロフォントのこのタイプ、やっぱりレアですね。なぜかライトアップがされておらず。これは狙ったものなのか?はたまた・・・。

万代仙台南店201711-003

 近隣に横断歩道がなく、道路を横断しての遠目からのチェックは断念。交通量はかなり多め。ま向かいにはドンキ・ホーテ仙台南店。こちらも負けず劣らずギラギラ。

万代仙台南店201711-004

 万代仙台南店を核とする、共用敷地内の異業種ラインナップ。ここもほとんど変わらず。正面右手は、大阪王将仙台中田店。左手には、パチンコまるたま中田バイパス店。お店と連動する形であるのが、大宝ラーメン食と遊びを完全カバー!?

万代仙台南店201711-005

 正面駐車スペース以外にも右手側に第二駐車場もアリ。こちらも共用仕様。大阪王将の赤い看板と万代の黒看板のコントラストも絶妙。看板デザインは、旧ブランドの万代書店タイプ

万代仙台南店201711-006

 第二駐車場側からの眺め。ここも以前のまま。カテゴリー表記は直線タイプの柔らかでソフトなデザイン。

万代仙台南店201711-007

 こちら側は、ロングデッキ+ウエスタン調の導入路に。階段を上ると、スグに始まるガチャ群。ここで入店前に、お宝探し的ウォーミングアップも、軽くOK?。

万代仙台南店201711-008

 夜間で少し分かり辛いですが、フロント側にはミニフラッグもチラチラと掲揚。ちょいワルライクなオリジナルキャラが躍動中。ちなみにこのお店前駐車場は、かなり暗め+一部変則的な駐車位置もありますので、いつもながら注意が必要です。

万代仙台南店201711-009

 その導入路を進んだところには、このショーケース。敢えてイチオシアイテム等をチョイスせず、ムーディーかつ独創性を感じるディスプレイに。揺るぎない拘りを感じる部分。暖色系の照明も、またイイですね。

万代仙台南店201711-010

 フロントではなく、あえて右サイドに存在。万代多賀城店でも確認しましたこのロゴ。スター万代。なにかイメージが爽やか、それでいてスターが渦巻く中の万代ロゴによっては・・・深遠さすら感じたり。どんどん使って欲しいですね!。

万代仙台南店201711-011

 パチンコ店側、正面左手側からは、こんな感じに。ほぼ手つかず?と言ってもイイ感じに、往年の雄姿を色濃く残しています。そう、昔はこんな佇まいのお宝ショップは、そこかしこに見られたもの・・・

万代仙台南店201711-012

 そして極めつけは、ココ?。駐車場看板同様、旧ブランドの名残を見せるこの楕円万代書店ロゴ。色つやよく状態も良好。そこがまたオドロキ。不思議な時間の流れを感じたりと?。

万代仙台南店201711-013

 ついつい大宝ラーメンの黄色い看板に惹かれつつも?歩を進めて行きます。確か以前は靴屋さんだった様な?。ここの部分には、サブ出入り口が。オレンジゲートの設置はなく至ってシンプル。正面入り口上部サイド、ここには先程と同様、スター万代ロゴが。もっと目立っても、ぜんぜんOK!?。

万代仙台南店201711-014

 サブ出入口を正面より。富士山型の何でも買います看板が上部に鎮座。ブルー系やらちょっと変わったカラーのタイプが多かった、㈱万代グループ。ここ万代仙台南店のものは、まさかのスタンダード仕様?。これひとつあるだけで、紛れもなく、そこ即ちお宝ショップ!

万代仙台南店201711-015

 正面出入口上部のオールドアメリカン看板は、いつものド迫力!。他のお宝ショップより、よりインパクトを感じるのは、きっと低めに設置がされているからなのかと。その間のワンポイント装飾、ここも万代仙台南店の大きな特徴。今回の垂れ幕にあったフレーズ、それは・・・。

 

「万代で24時間冒険しよう!」。

 

 まさに、冒険。その表現、ピッタリですね。24時間いつでも思い立ったら冒険出来る!。様々な冒険者を待ち構えているのが?そう、万代仙台南店

万代仙台南店201711-016

 出入口近辺には、様々な買取告知オブジェが点在。ノーライトアップな為、周辺への駐車は気を付けたいところ。

万代仙台南店201711-017

 そのまま歩を進めると・・・。間髪入れずに目に飛び込んでくる!この豪快なフロアマット!。デザインも素晴らしいので、こんなノベルティでもあったらと・・・?。私 oemoなら、真っ先にゲットに動く事でしょう。

万代仙台南店201711-019

 このフロアマットを挟んで、右手はレストスペース。ウエスタン系バーとも言える、凝ったつくり。その向かいは買取処ですので、査定待ちにはちょうどイイのかも・・・。

万代仙台南店201711-020

 やや地味目?。買取処周辺は、こんな感じに。「買取カウンター」のロゴ。どこかで見かけた様なデザイン・・・?。ここから先が、万代仙台南店の本丸。そのまま進んでみる事に。

店内詳細

万代仙台南店201711-021

「B級遊びの天才来たれ!」。

 

 こんな軽快なフレーズとともに、眼前に広がる賑やか過ぎる店内。エントランス部の密集感、そして熱気。若干ソフト化されていましたが、そこは、やっぱり㈱万代グループ。あの、独特のムードが!?。

万代仙台南店201711-022

 まずはご挨拶!・・・という事で、メインレジへ。通路を示すレッドライン。ここに各カテゴリーへの案内表示が大きく!各所設置。レジまでストレートに到達。ゴチャゴチャ感で一瞬迷いがちな店内と思えますが、これがある事でスムーズに各カテゴリーへ進めます

万代仙台南店201711-023

 無事ご挨拶も完了。早速メイン出入口近辺より、万代仙台南店を探索開始!。

万代仙台南店201711-024

 万代仙台南店は、㈱万代グループらしさが各所炸裂!?。濃厚なお宝ショップテイストが吹きすさぶ!。・・・そんな表現がしっくりきてしまう店内と言えました

 

「目指せ万代マスター!」。

 

 私 omemoも日々楽しく目指しておりますが、その道程は険しく、まさにケモノ道!?

万代仙台南店201711-025

 辺りに立ちこめる、お宝ショップ的甘美な空気。フラフラ?クラクラ?と酔いが・・・。そんな心地よい気分に身を委ねつつ?まずはアミューズコーナーより。

万代仙台南店201711-026

 ちょっと素朴な装飾が、逆にイイ?。アミューズコーナーは、何かホっとしてしまうムードすら感じたり。クレーンゲーム群の什器間のスペースも広々。快適プレイをお約束。

万代仙台南店201711-027

 全体的に、敷居は低め。大手専業系ゲームセンターにありがちな「何も取れそうもない感」、これはナシ。アミューズでは、この感覚が大事なのかと・・・。

万代仙台南店201711-029

 最奥部にかけては、スロット・体感ゲーム系コーナーと続きます。ラインナップは、近年系メイン。いま一歩テーマが欲しいところ。

万代仙台南店201711-030

 至近にひっそり?そこがまた絶妙!。そんな感じがピッタリくるのが、駄菓子コーナー。この何とも言えない、「路地裏にある感」「ソフトなレトロ感」。ホント、よくわかってますね。

万代仙台南店201711-031

 コーナーの別方向出入り口より、もう一枚。

 

「おいしいオヤツはマンダイ堂」。

「絶品駄菓子店 万代堂」。

「ウレシ ナツカシ オカシ」。

 

 この看板だけでも、マニアとしては、十分おなか一杯ですね(苦笑)。

万代仙台南店201711-032

 トレカコーナーは、アミューズの流れか?思いの外しっとりした様相。おさえめな装飾で立ち並ぶ、ショーケース群。

万代仙台南店201711-033

 しかし、熱心に見入るファンは・・・ここで静かに燃える!?。各所設置されたイベントガチャのカラケースの量が、スゴい。勇者の夢の後は、いかに・・・?。

万代仙台南店201711-034

 トレカプレイスペースも、潤沢に完備。何か違和感が・・・と思いましたら?机も椅子も、まさかのビジネス仕様?(驚)。ある意味、そんなミスマッチ感も楽しい部分。

万代仙台南店201711-035

 驚いたのは、ココ。お店の中央部付近にあった、レストスペース。買取処目の前にも存在していましたが、こちらは更に上を行くムーディーさ!。西洋古城?モチーフのコーナー装飾がキてます。はたまた、昭和純喫茶系とも・・・?。右手側からは、アダルトコーナーの出入り口もかねていたりと、至れりつくセリ(苦笑)。これで・・・疲れた五感も癒せるハズ

万代仙台南店201711-036

 内部では、本当に五感を癒しておられたお客さん多数。全景の撮影を断念。ベンチまわりもイメージ通り?。買取査定表示液晶や、イベントの万代グジ告知。そしてちょっと手をのばしたくなるアイテムも展開。リッチかつオープンスペース系のレストスペースは、各地のお宝ショップでは増えてきてますが、半クローズド型とは非常に珍しいものが。

万代仙台南店201711-037

 ゲームソフト・ハードコーナー。こちらも動的コーナーとも。ランダム設置された各所什器群には、ツカみとも言えます近年~最新系の各種アイテムが展開中。以前より整備が進んだとも?かなり周囲は広くて快適。

万代仙台南店201711-038

 ㈱万代グループ各店でも見られた、ゲームソフトブランドカラーを纏った什器が主体。まっすぐには伸びず、ぎゅいぎゅい曲がりくねったメイン通路の効果もあってか?殊の外、アグレッシブさを感じたり・・・。

万代仙台南店201711-039

 まさかのアツアツっぷり!?。レトロゲームコーナーは、この造り!。徹底した各所の装飾で、アイテムの魅力が十二分に発揮されています。古きよきゲームセンター感を完全追求!。これは一見の価値あり!!

万代仙台南店201711-040

 レトロゲーム関連の潤沢さは、ホントにピカイチ?。かなりスペースを広めに取って、ギッチギチになって、アナタをお待ちかね?。

万代仙台南店201711-041

 この奥にはトイレが存在。場所的には、以前と変わらず。その賑やかな装飾もあって、トイレ付近も底抜けの明るさで満ち溢れています。

万代仙台南店201711-042

 そのレトロゲームコーナーと、軒を連ねているのは、これまた絶大なインパクト!。コーナー名は、マンダイ昭和横丁!!。看板やら周囲の装飾・・・、とにかく徹底した昭和仕様。これはタマりません(ゴクリ)。

万代仙台南店201711-043

 迷い込んだ先にあったのは、まさかのお茶の間!!。ブルーのラインの入ったフスマ。テレビやちゃぶ台、そして黒電話まで・・・。思わずそのまま座って、くつろぎはじめちゃいそうになったのは、言うまでもありません(苦笑)

万代仙台南店201711-044

 周辺にはマニアを刺激してやまない?悩ましいグッズがゴロゴロ。いちいちガン見→悩む事、仕切り。よくぞ、ここまで・・・。

万代仙台南店201711-061

 楽しく甘美なお宝ショップの毒。たっぷり浴びつつ?さらに先へ。古本コミックコーナーは、のっけからこの攻め具合。上部のシンプルな「まんが」ロゴ。にじり寄るかの様な押しの強さ。メイン通路の切り込み具合も、相乗効果になっていますね

万代仙台南店201711-062

 どちらかと言いますと、静的なコーナー展開が、お宝ショップでは一般的。セットコミックも基本的には山脈仕様。しかし、万代仙台南店は、この真逆っぷり。まさに生き生きとしてる?とも言わんばかりの、このライブ感。そう、打ち出し方ひとつで捉える印象は、全く違ってくるとも言えます

万代仙台南店201711-063

 奥にかけましても、この超大なボリューム。イエローヒンジで出版社はブルー文字、作品名は黒文字。統一感もありますし、何より爽やかな印象。

万代仙台南店201711-064

 一般書籍系も、満足行くレベル。装飾は抑えめ。落ち着いて好みの一冊を探し出せる環境が整っている様にも・・・。

万代仙台南店201711-066

 以前より、その造りには毎回感嘆。いよいよホビーコーナーへ。以前と比べ、随分快適さは増していて意外。行く手を阻む系?密林系配置は和らぎ、思いの外キレい目になって・・・いる?。しかし、ムンムンと漂う熱気は、以前のままでした。

万代仙台南店201711-067

 テーマーを明確に絞ったコーナーは、縦横無尽に走る?メイン通路沿いに配置。ほとんどのコーナーは整列・・・ではなく、角度が付けられ、より攻めの配置に。

万代仙台南店201711-068

 随分変わったような?。そんな気持ちもコーナー内部に進むに連れ、スグに払拭(苦笑)。いにしえのお宝ショップテイストを残す、魅惑の各所は大健在!。

万代仙台南店201711-069

 食玩・ガチャ関連も、予想通り。ほの暗さはありませんが、濃厚で香ばしいオーラに、すっかりメロメロ。元気そうで、良かった!良かった!!。

万代仙台南店201711-070

 やっぱりお宝ショップは、これくらい徹底されてないと。そう思ってしまう?魅惑の装飾、そして商品ボリューム。各所で得も言えぬ多幸感に包まれます。

万代仙台南店201711-071

 局地的に妖しさを残しつつ、独特の高揚感は全く失わず。特に随所に突き刺さるかの様な、乱れ狂うフレーズには、やっぱりヤられます。また、絶妙なタイミングで目に飛び込んでくるんですよね、コレが(苦笑)

万代仙台南店201711-072

 いつまで目的が無くても漂っていたい・・・。そんな気分にさせてくれます、ホビーコーナー。名残惜しくてたまりませんでしたが、次なるコーナーへ。

万代仙台南店201711-045

 連動する形で存在するアイドルコーナー。装飾は、一応自主規制で(苦笑)。半クローズ型でワールドに浸れる様相。その先に続くのはメディアコーナー

万代仙台南店201711-046

 メディアコーナーは、意外な事に?やや大人しめ。しかし原色系什器が、メディアコーナーならではのムードを形成。チェックされているお客さんも多く、内部までの撮影を断念。アーティスト系周辺グッズは什器横のショーケース展開。

万代仙台南店201711-047

 進んで行くウチに出くわしたのが、このゲート。ここから右手が楽器コーナー。その熱が、外からでも存分に伝わってきますね。そのまま進んでみる事に。

万代仙台南店201711-048

 内部は、この様相。この凝縮感、そして整備感。アイテムへの深いリスペクト、そして愛情すら・・・思わず感じるかの様にも

万代仙台南店201711-049

 内部の造りこまれ感も、息を呑むレベル。ギター以外にも、各種楽器や周辺アイテムも、一切手加減は見られません。壁上部のモノクロフライヤーの散らし装飾も、雰囲気を自然にアップ!。

万代仙台南店201711-050

 並んで展開するのが、お酒コーナー。こちらも、なかなかのムーディーさ。程よい感覚な装飾、お酒のバランスもちょうどイイ感じ。こちらも思わず足が向いてしまうのは、私 omemoが好きだからこそ・・・?。

万代仙台南店201711-051

 一般リサイクル・家電コーナーは、地味に目を引く様相。ひときわ目を引くチェッカー柄の床部がキイていますね。

万代仙台南店201711-052

 どうしても不安を感じる部分の大きい、お宝ショップでの家電製品のイメージ。こちら万代仙台南店では、アオり装飾も少なく、ソフトさを感じる形で全体がまとまっています。いわゆる打ち出し方が難しいカテゴリーとも思えます。 

万代仙台南店201711-053

 サブコーナー的規模が多いといえます、スポーツカテゴリー。予想以上にスペースを取り、他のカテゴリーには全くヒケを取らない形で展開しています。

万代仙台南店201711-054

 地域性もあって、やはり強めなのはウィンタースポーツ関連。ウェアからアイテムまで、完全カバー。什器エッジ部の買取チラシ周りの千社札チックなPOPに、ちょっとクスリ(w。

万代仙台南店201711-073

 もちろんあるのは、当たり前?。ご当地チームの楽天イーグルスをはじめとするグッズも多数ラインナップ。ここはじっくりチェックしたいところ

万代仙台南店201711-056

 その中には、こんな一角も。

 

「退屈な毎日は自分で変えろっ!!」。

 

 ホントにその通りですよね。

万代仙台南店201711-057

 そこはまさに、バトルフィールド!?。アイテムのイメージが見事に増長され、シンプルなワクワク感が出ているサバゲー・ミリタリー・エアガンコーナー。やっぱりここは、ハードテイストで。

万代仙台南店201711-058

 カテゴリー的には・・・まさかの?インパクト!。それが釣り具コーナー。クローズ型で、大人しめなお宝ショップが多い中、万代仙台南店では、この押しの強さ!。頭上にはカヌー・・・。

 

「合言葉は、行動、躍動、感動」。

 

 ちょっとらしからぬ?イケイケ感が・・・ビンビン!?。

万代仙台南店201711-059

 スペースは広大。中にはこんなところも。熊出没注意!?。まったくもって?油断なりません。

万代仙台南店201711-060

 ルアーアイテムも、商品ボリュームは なかなかのもの。アイテム名も、各所大きくハッキリ表示。分かり易さもバッチリ快適。

万代仙台南店201711-090

 次なるコーナーであります?古着アパレルコーナーへ。メインレジとホビーコーナー側からのコーナーアーチ周りが、モノスゴい!。こう、得体の知れない?妙な期待感、そしてアッパーなノリが充満。さらにはこんなフレーズが・・・↓

 

「何を着てもオシャレな人は、週3回万代に来てます」。

 

 オシャレさんが集うお店、それが万代仙台南店。これは大いに期待して結構!?。

万代仙台南店201711-074

 万代仙台南店の店内イチニイを争う?古着アパレルコーナー。躍動的かつ独創的な装飾が、随所で光る!。動きだすかの様な各種アイテム配置が、ホントにスゴい!。

万代仙台南店201711-075

 テーマごとの緩急の付け方も、ちょっと面白かったり。ムード出し方をよく分かってる感じと言えますね。アイテムの色気と魅力が、これで2倍増し?。

万代仙台南店201711-076

 お宝ショップ的密度、これも大事ですが、いわゆる飽きの来ないディスプレイは重要なのかと。これだけテンポが自然についていれば、次々と新鮮な形で楽しみ続けられるというものです。

万代仙台南店201711-077

 以前と比べ、明らかに進化している点、それはズバリ洗練さなのかと。リッチな空間配置とムーディーさ、チラリのぞかせる?万代らしさこういう部分って、やっぱりお宝ショップでしか味わえない密かな楽しみ

万代仙台南店201711-078

 試着室も、もちろん完備。他のお宝ショップと違い、上部にデカデカと表示。存在感を示しつつ、気になるアイテムは・・・スグさま試着にGo!?。 

万代仙台南店201711-080

 コーナーにキレ込む?メイン通路を辿っていきますと、違和感なく溶け込むのが、レディースコーナー。装飾は少なめですが、ポイントをおさえた爽やかな造りに仕上がっています。

万代仙台南店201711-081

 ボリュームは、こちらも問題なし。斬新だったのが、電話ボックス調のブルーのオブジェ。そこにはしっかりと「MANDAI」のロゴが!。

万代仙台南店201711-082

 レディースコーナーもそうですが、試着室の多さが目を引きます。お宝ショップの中でも、突出した設置数なのかと。気になったアイテムが発見出来ましたら、どんどん利用したいところ。

万代仙台南店201711-083

 周辺小物アイテムも広々と展開。やや大人しめながら、味わい深いブースタイプのラウンド型什器がオシャレ。

万代仙台南店201711-084

 アイテムの美しさが際立っていたのが、キャップコーナー。出来そうで、できない?この絶妙なバランス。

万代仙台南店201711-085

 ウォッチ関連も、この通り。若干外側向きに配置された什器によって、コーナーへ進む為の導線はしっかり。看板もシンプルにWATCHだけなのも、分かり易くてマル。

万代仙台南店201711-086

 ハイブランドコーナーここはお宝ショップ定番のホワイトゲートは不採用。オープンスペース感覚でお待ちかね。若干堅いムードでしたが、コーナー内部には気軽に進みやすくも・・・。

万代仙台南店201711-087

 万代仙台南店のオドロキのポイントは、お店の造りだけではありません。なんと銀行ATMまで存在!。これは見たことありませんでした。急なトンデモお宝アイテムに出くわしましても、これで安心(苦笑)

万代仙台南店201711-088

 夢の様な熟成された店内のひととき。ホントにあっと言うまでした。限られた時間でしたが、数年ぶりの万代仙台南店心地よい充実感に包まれつつ、チェックを完了!。

総括

 

万代仙台南店201711-089

 万代仙台南店まさにKING OF ㈱万代グループのお宝ショップとしての重厚なお店造りと仕掛け。今回も大納得でした。次回も入店するだけで、言いようのない底ヂカラを感じるお店造りをガッツリ堪能させてもらいたいと思います!

(チェック日:2017.11月)。

*万代仙台南店の過去の記事をあわせて読む↓

万代仙台南店
(宮城県)万代仙台南店

万代仙台南店この記事の目次万代仙台南店レビュー*万代仙台南店のその他の記事はこちらより!↓ まんだいせんだいみなみてん  <基本データー>  店名:万代仙台南店  住所:宮城県仙台市太白区中田町杉の下34番地  TEL:022-381-8875  営業時間:24時間営業!  Pスペース:500台程? 万代仙台南店 詳細マップ レビュー 万代仙台本店、または万代仙台南店。 国道4号線仙台バイパス沿い ...

続きを見る

万代仙台南店
(宮城県)万代仙台南店2

万代仙台南店2この記事の目次万代仙台南店2レビュー*万代仙台南店のその他の記事はこちらより↓ まんだいせんだいみなみてん レビュー  万代仙台本店・・・。 または万代仙台南店ですね。 いや~仙台地区のお店ってほんと廻りやすいので、助かります・・・。 万代仙台多賀城店から車で30分ほど。国道4号線でひたすらまっすぐ走ればいいんですからねえ。    そしてお店は・・・万代仙台泉店と少し違いま ...

続きを見る

万代仙台南店
(宮城県)万代仙台南店3

万代仙台南店3この記事の目次万代仙台南店3レビュー*万代仙台南店のその他の記事はこちらより↓ まんだいせんだいみなみてん レビュー  万代仙台南店・・・。 宮城地区の万代の総本山的なお店です。今回もひときわ他店とは違った?妙なオーラを醸し出していました。・・・これぞ王者の風格!?。    チェック当日は平日だったのですが、お店の前の駐車場は満車!!。 やむなく、お隣の第二駐車場へ。ここの駐車場は少 ...

続きを見る

万代仙台南店
(宮城県)万代仙台南店4

万代仙台南店4この記事の目次万代仙台南店4レビュー*万代仙台南店のその他の記事はこちらより↓ まんだいせんだいみなみてん レビュー  万代仙台南店・・・。 同じ宮城県仙台市内にある、万代仙台泉店と双璧をなす?超大型万代書店系お宝ショップです。当ブログ上では、当初より万代仙台本店と明記しておりましたが、㈱万代の公式ホームページ上では万代仙台南店と明記されておりましたので、今回よりこちらに統一表記させ ...

続きを見る

万代仙台南店
(宮城県)万代仙台南店5

万代仙台南店5この記事の目次万代仙台南店5レビュー*万代仙台南店の過去の記事をあわせて読む↓ まんだいせんだいみなみてん レビュー  万代仙台南店・・・。 ノスタルジックな巨大「買います」看板が印象的な仙台市の攻撃型大型お宝ショップです。 以前にも少し書きましたが、近隣には洋々なお店がひしめいていますので昼夜問わずに活気のある地域にあります。    今回も夜間チェックと行きましたがとにか ...

続きを見る

【警告】

当ブログ(万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ https://mandaisoukokanteidan.net/)内にて掲載されている 全てのコンテンツ(文章、画像、その他の掲載している電子情報の全て)のキュレーションサイトやバイラルメディア、まとめサイト、アプリ、その他サイトやブログ、刊行物(雑誌やフリーペーパー)等、当運営メディア(ブログ記事・撮影画像)の無断転載は、固くお断り致します。 使用されたい場合は、必ずご一報頂き、当方の許諾を行った後にてお願い申し上げます。 当方の無許可、及び感知していない掲載を行われました場合は、不本意ながら法人・個人を問わずに掲載使用料を請求させて頂く形にさせて頂きます。 当ブログの全てのコンテンツは、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

PR



-お宝発見!?日記2017, 宮城県
-, ,

Copyright© 万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ , 2018 All Rights Reserved.